乾燥肌と水を飲むこと

かゆい、カサカサする、ハリがないなど、肌の乾燥を実感するのは冬が主なようですが、夏だって乾燥しています。
紫外線や冷房、シャワーなど、乾燥肌の原因はたくさんあり、顔だけでなく、体や手の乾燥肌に悩む人は多いです。
そこで、身体の中から乾燥を防ぐ方法について調べてみました。

【なぜ潤う?】
化粧水をつけていれば乾燥しない、と言うことではありません。
化粧水が浸透するのは角質層までで、身体のほんの表面の部分に過ぎません。
そこで必要になるのが、身体の内側からの水分補給です。
体内に水分が満たされることで細胞に行き渡り、肌の潤いにつながるのです。
更に、きれいな水を循環させることで健康にもつながり、より美しい肌へと生まれ変わることができます。

【何を飲む?】
何を飲んでも効果がある、と言うものではありません。
お茶、コーヒー、ジュースには、それぞれ良い面はありますが、飲みすぎると逆効果になります。
お茶には利尿作用があり、お茶を飲みすぎることで、せっかく摂取した水分が体外に排出されてしまいます。
コーヒーには、身体を冷やす作用があり、更に亜鉛の吸収を妨げる作用もあるのです。
亜鉛は皮膚の代謝を助けるので、これが不足してしまうと乾燥や肌荒れにつながってしまうんです。
ジュースは糖分が多く、糖分が増えると糖化が起き、老化を早めることになります。
と言うわけで、水分補給ならやはり水が1番です。

【どれくらい飲む?】
モデルや女優は、1日2リットルの水を飲むとよく聞きます。
食事から摂取できる水分量を差し引いたとしても、1日に1.5リットルの水分摂取が理想です。
水分補給は、こまめにすることが大切で、一気飲みではなくチビチビと補給することで、吸収されやすくなります。

【飲むだけじゃない】
乾燥肌は、水を飲むだけで改善されるわけではありません。
水分補給がとても大事なのは間違いありませんが、それを留めておくことができなければ、結局乾燥してしまいます。
化粧水やクリームでの保湿も、合わせて行いましょう。

汗をかかないから、水を飲まないという方。
呼吸だけでも、体内の水分は絶えず蒸発しています。
こまめに水を飲む習慣をつけるだけで、肌の潤いが改善するかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です